お問い合わせはこちら

運営代行.shop >> 投稿一覧 >> ツールカテゴリ一覧 >> システム選定と導入の優先順位コンサルなら

何を優先して導入していいか、わからない?

システム選定と導入の優先順位コンサル

ニュートラルな立場、知見、経験、人脈であなたに最適なシステム(ツールやベンダ)を選び出します。はっきり言って八方美人です。

三つのお約束

● 楽天市場店の支援もしていますし、MakeShop 店の構築もします。

● 決して、インフォプラスの自社製品をゴリ押ししません。

● あくまで、あなたの事業の成長と、そこに寄り添ってくれる買物客を考えます。

二つのアプローチ

1. 特定の目的(機能と予算)に対して、どのツールが最適なのか?

2. 「やった方がいい」は山積だが、優先(導入)順位はどうすべきなのか?

インフォプラスは、あなたの話を2番の立場でお聞きします。
特定のツールに関して、スペシャリストなら比較はできます。しかし、その導入は個別最適に過ぎません。あなたの事業全体を見通した全体最適と成長計画実現を図るなら、ECエキスパートの力が必要です。私たちも、その一員としてみなさんに寄り添えることを目指しています。
ですから、あなたの目標や経営哲学と、可能な限りの情報とデータを共有してください。私たちはそれらを踏まえたうえで、システムの選定・導入を提案をさせていただきます。
ここではシステムにフォーカスしていますが、実際には集客や運用のコストも含めて優先順位を考えます。

チェックリスト(システム要素)

これが全てではありませんが、導入すべき代表的なツールをリストしました。あなたのビジネスによっては不要なものもあれば、重要度の大小があります。まずは、何が足りないのか知ることから始めましょう。
Check List

商品数の多いA社

商品数が多い分、お買い物客は売り場を探すのが大変ですね。サイト内検索などで、お買い物客のユーザビリティを優先させましょう。他方、スタッフは出品作業の負担も大きいので、相対的に省力化を急ぎます。
Model A

商品数の少ないB社

一般的に、集客コストの割合を大きくする傾向がありますので、そこも十分に配慮して全体的な優先順位を決めましょう。DCG(Durable Cousumer Goods, 耐久消費財)よりも、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods, 日用消費財)を扱われることが多いので、リテンションを優先的に考えなければいけません。
Model B

尽きないお悩みに、フェイス・トゥ・フェイスでご相談に応じます。

運営代行.shop >> 投稿一覧 >> ツールカテゴリ一覧 >> システム選定と導入の優先順位コンサルなら

お問い合わせはこちら 電話問い合わせ

ページ
トップへ